お知らせ

2021年04月18日
「おとなのための」人権を語り合う「T-overの会」について
2021年04月18日
「人権を語り合う中学生交流集会」第1回実行委員会開催!
2021年03月17日
T-over人権教育研究所が八万中学校で参加型講演イベントを実施しました
2021年03月07日
社会科・最新刊ー江嶋修作先生の復刻版ー刊行!
2021年03月06日
うれしかったもので🌸
» 続きを読む

トップページ

 

 「みんなで語り合う人権学習(全体学習)」で中学生に常に問い続けてきたことは、「本音で語り合う」ことでした。言い換えれば、自分の中にある本当の思いを素直に伝えること、表現すること。これは、そうなることを願いながらも、なかなか実現できるものではありませんでした。では、どうすればそれが可能となるのか。
 答えはシンプルでした。教師が本音を語ることです。「こんなことは絶対人に言うことはない」と思ってきたことを、まず教員から語っていきました。それは、教師が解放されずに子どもたちが解放されることはない、本音を語れるはずがない、という思いからでした。
 私たちの周りは、まだまだ解放されない社会で溢れています。そんな社会を変えていくためにも、本気の人権教育が必要と考えます。そんな、「みんなで語り合う人権学習」が広がっていくことを願い、2019年秋、T-over人権教育研究所・人権こども塾とともに、国連NGO横浜国際人権センター・うずしおブランチを設立いたしました。        

T:たがいに-over:越える T:ともに-over:越える

  Talk over:じっくり話し合う

共同代表 吉成正士・森口健司